毛穴の黒ずみ対策として、洗顔クレンジングを変えてみました。

頬の毛穴の開き具合が年齢とともにひどくなってきました。正面から顔を見てみると、穴がぽつぽつと目立ってしまうようになりました。イチゴ毛穴を埋めたい、出来るだけ小さくなれと思い、毎日のスキンケア洗顔を行っています。肌をひきしめる効果を持つ収斂化粧水で、パッティングを行うようにしているのですが、ちょっとだけ引き締まってきたように思います。
毛穴のお手入れに大切なのは保湿をして潤いを持たせることじゃないでしょうか。肌の水分量が減ると肌のキメがあらくなってきます。毛穴をきれいにするに洗顔がとても重要です。なめらかな泡を作り、丁寧に洗顔します。なおかつ、週に1、2度、ピーリングをすると皮脂のリペアを助けます。以後、保湿ケアを行い、毛穴を整える毛穴のトリートメントをしてください。
先日、毛穴の黒ずみ対策として、洗顔クレンジングを変えてみました。地中海の泥を使用したクレンジングで、これで丁寧に優しくマッサージをしながら洗顔をすると、毛穴の気になる汚れがしっかり落ちるのです。持続して使っているうちに、目立つ黒ずみが徐々になくなってきました。そのため、早めに全部の毛穴を改善したいと思っています。
の毛穴に気になる角栓があるととっても気になるものですよね。とはいえ、顔を洗っている時に無理に取り除こうとしてしまうと、かえって、お肌を傷つける恐れもあるので、それはおすすめできません。ピーリング石鹸を使ったりして角栓を丁寧に取り除いていくといいでしょう。しかし、使いすぎると良くはないので、週に一回から二回くらいの使用にしてください。加圧シャツの効果がスゴイらしい!
毛穴をキュッと引き締めるために収れん化粧水を使ってケアを行う方もいますね。皮脂の分泌をきちんと抑えてくれて爽快感もちゃんとあるので、夏には助かるアイテムなのです。使う場合は顔を洗った後に通常の化粧水、乳液を用いてから、その後に使うようにします。たっぷりとコットンにとって、下から上に向かって念入りにパッティングを行ってあげましょう。
一般的に、基礎化粧品を使用する順番は人により差があると思います。自分は普段、化粧水、美容液、乳液の順位で使いますが、最初に美容液を使用するという御仁もいます。実際、どの手立てが一番自分のお肌にピッタリしているお手入れ方法なのかは実際に試行してみないと理解できないのではないでしょうか。
基礎化粧品で最初に使うブランドのものは自分の素肌にあっているのか判明していないので、利用するのに少し考える所があります。特に店頭でのチェックでは不確定な事もありますから通常よりも少し小さい大きさで、廉価なトライアルキットなどがあれば体操嬉しいです。
とにかくキメ細かい美しい肌を維持するには保湿することがすごく大事になります。特に乾燥しやすい肌の方は基礎化粧品はしっかり保湿してくれるものを選んで乾燥しないようにきちんと保湿してあげましょう。汚れを残さないようにきちんと洗顔をしたらすぐに化粧水をつけて肌を保湿して、次に乳液やクリームで潤いが続くようにしましょう。
元々、私は大抵、美白を気にかけているので四季を問わず一年中、美白タイプのベース化粧品を使用しています。これは活用しているのと用いていないのとではまったく異なると思います。美白タイプのものを活用しだしてからはシワ、シミやくすみが予想以上に違和感がなくなりました。
基礎化粧品はお肌のためにそのままつけていただくものなので、その効果ももちろん大切なのですが、良い素材が使われているかにもこだわりたいものです。肌に不必要なダメージを与えないためにも、含まれる成分や原材料を確かめて、化学物質の含まれていないもの、出来ることならオーガニックな素材の商品を選びたいですね。

保湿化粧水を使ってお肌をしっとりさせる

乾燥肌ですので、スキンケアにはオイルのものを使用しています。オイルを使用してマッサージをしたり、オイルパックを利用したり、また、クリームを使う代わりとして普段からオイルを使用することにしているので、乾燥しなくなりました。常にツルツルとした肌になれてとても嬉しく思っています。
ずいぶん前から、美白重視の肌ケア製品を使っておりましたが、肌とすれ違いになり、保湿とアンチエイジングを重んじる製品へ交換しました。化粧水が2種類あるのに出だしは戸惑いましたが、冬季の盛でなければ、洗顔後のスキンケア方法はこれのみでOKです。冬の時期には夜のケア時に美容クリームを塗るだけという易しいものになりました。
朝は時間が限られているので、スキンケアに時間をたくさん取れない人も多数だと思います。朝の一分は、すごく貴重ですよね。しかし、朝の肌ケアを手抜きをしてしまうと、元気な肌を一日中維持が出来ません。より良い一日にするためにも、朝にしっかりとお肌のケアをしましょう。
以前に比べて、肌の衰えが目立ってきたかもしれない、気になる方はスキンケアでアンチエイジングを実践しましょう。最も効果がある方法は保湿化粧水を使ってお肌をしっとりさせることです。肌が乾燥するとシワが増えハリは減少しますので、ヒアルロン酸配合の化粧水を使って、しっとりさせる事が必須です。
乾燥肌にお悩みの方は多いと思いますが、スキンケアのテクニックを変えるだけで見違えるように肌質が良くなります。洗顔用石鹸をもこもこに泡立てて洗い、ぬるめのお湯で流すことで乾燥肌を変えることができるのです、反対に、乾燥肌に良くない洗顔方法は拭き取り型の洗顔シートを使う方法です。必要な皮脂まで拭き取ってしまうので、このお手入れ方法はお勧めすることができません。
お肌のくすみにはちゃんとしたスキンケアによって気にならないよう取り除くことが可能です乾燥が原因のくすみの際は保湿が重要です化粧水だけなどではなく美白効果などがあるクリームも試しに使ってみましょう古い角質によるくすみにはピーリングでのお肌のお手入れが効果的です汚れを取り除いたら、しっかり保湿のケアを行うことでくすみは改善されるでしょう。今、人気の加圧シャツの効果を検証!
スキンケアがきちんと行われているかいないかで、スキンケアの実効の差が激しく感じることができます。お化粧がきれいにできるかも素肌の調子の度合いで変化がでると思います。お肌の調子を良い状態で保つためには、丁寧なお手入れを行うことが重要なことだと思います。
きちんとメイクも良いけれどほんとうのところ大事なのはありのままの肌の美しさそう思います。だいたい毎日のように丹念に肌を気遣い美肌の可能性を最大限にまで引き出し、いつか生まれたままの素顔でも人前に出られるほどの自信を持てたらいいなと思います。
いい化粧品を買っても使い方が間違っていたらスキンケアに必要な影響を受けることができないということになることも考えられます。正規の順序と使用量を守って使っていくことが必要な事です。自分の顔を洗顔した後には化粧水、乳液、肌用クリームを順に使用して自分の肌に水分を与えるようにすることが大切です。美しい白色や保湿など目的に合わせて美しくなる化粧水を利用するのもいいですね。
年々、年齢を重ねるにつれてお肌のたるみが気になってくるものです。そんな風に感じたら、保湿を意識したお手入れをしっかり行い、マッサージクリームなどを使いセルフケアをして、たるみがなくなるように努めましょう。それだけでも、全然違いますので、少し面倒でも実行されてみることを是非お勧めします。

ビタミンCの配合された美容液

紫外線はシワを作ってしまう原因になるので、外へ出る際は日焼け止め専用のクリームを塗ったり、日傘を使用するなど紫外線対策をしっかりと行いましょう。また、多くの紫外線を浴びてしまった場合には、ビタミンCの配合された美容液を使用してしっかりと肌トラブルにならないようにスキンケアしてください。毎日きっちりとスキンケアを行うことで、シワをきっちりと予防することができます。

お肌の渇きを防ぐためには、洗う力が強すぎない、刺激を抑えたクレンジング剤を使うようにしてみてください。落とすのが厄介なポイントメイクは別の専用リムーバーを使い、お肌を傷つけないようにしてください。もちろん、洗顔時もゴシゴシと擦らないようにしなくてはいけません。ホイップの様な泡を立てて丁寧に洗い、十分にぬるま湯で流すようにしましょう。

洗顔時に熱湯を使用すると要らない汚れだけでなく必要な皮脂も落としてしまいますし、洗えてない部分があると乾燥肌やニキビといった肌の悩みの原因を生み出してしまうので注意することが大切です。洗顔が終われば、すぐに化粧水を勿体がらずに使い、優しく顔に当て吸収させ、化粧水で終わらず、あとに乳液を塗ることで水分を閉じ込めてください。1番乾燥しやすい目や口の周りなどは、少しだけ多めに化粧水、乳液を塗るようにします。

ほうれい線を消してしまうには、美顔器を使ったスキンケアをやってみるのがいいでしょう。たった2本のほうれい線なのですが、現れてしまったほうれい線を美白化粧品を使って薄くしたり消してしまうことは容易なことではありません。ですので、お手入れのために日頃から美顔器を使って、肌の隅々まで美容成分を染み込ませることが大切です。

美顔器の中には、超音波美顔器、イオン導入器、美顔ローラー等がありますが、いろいろある中で超音波美顔器やイオン導入器を選ぶといいのではないかなと思います。スキンケア用の化粧品は肌の弾力とハリのための成分が配合してあるものを選んだ方がいいでしょう。具体的な成分は、ビタミンC誘導体やヒアルロン酸などが配合されている製品が良いと思います。

あなたが、ほうれい線を消したい場合は、ビタミンC誘導体を配合した化粧品を使ってみるといいでしょう。ビタミンC誘導体には、お肌の細胞をより活発化させる働きがあると評価され、コラーゲンの繊維を増加することで知られていると思います。それと共に、美顔ローラーでコロコロしてお手入れすると、更にいっそう効果が期待できます。

シワを防止するためにも、メイクをした日は欠かさずクレンジングしてください。そうしないと、肌に負担がかかってしまい、すぐにシワができてしまいます。さらに、洗顔を行う際には、洗顔でちゃんと泡を作って、優しく洗顔するようにしてください。乱暴に洗顔したり、肌荒れを起こしたりといったことが、シワのもととなってしまいます。

洗顔が残ったまま肌荒れが起きて困るかもしれないので、すすぎ足りないことがない様にしましょう。洗顔が終わった後には、使うのは、化粧水や乳液など、保湿を完ぺきに行ってください。保湿をしないことは、肌が乾燥してしまう原因になってしまい、シワが目立ちやすくなります。保湿をきちんと実行できれば、シワができない様に、予防・改善することができます。

ファンケルから出ている無添加スキンケアは、根強いファンの多いファンケルのスキンケアのための商品です。無添加化粧品として圧倒的な知名度を持っているブランドですね。こんなにも沢山の人に広く長く使われ続けているということは、それくらい商品の質が良いというほかはないと言えます。

そのブランドへの信頼性がファンケル無添加スキンケアの何よりの特長と言って良いと思われます。もちろん、そのシリーズも乾燥、しわ、たるみ、そして美白などに対応した、充実したラインナップになっています。今の肌の悩みや目的に適したスキンケアアイテムをチョイスできるのも人気を集める理由です。

成長期にニキビが集中してしまう

白く痛々しいニキビが出てくると、爪で中身を押し出してしまいます。白く膨らんだニキビから白い中身が飛び出してくるのがとっても好きです。ただ、五回に一回はつぶしても中身が残り、無理にでも中身を出そうとして、ニキビが治っても肌に跡が残ってしまうのです。

そのニキビの後の可哀相な肌を見ながら、ニキビをつぶしてしまったことを反省するのですが、またニキビが出て、白く膨らんでいるのを見るとどうしても我慢できなくなってまた中身を出してしまうのです。

ニキビそのものは、10代までしか使わない言葉で、20歳以上になるとニキビとは言わないななんて言う人もいます。少し前に、久々に鼻の頭に大きなニキビが現れたので、主人に、「ニキビができたの」と見せると、笑いながら、「その歳じゃもうニキビなんて言わないよ」と、からかわれました。

どうしてニキビが出来るのか、ホルモンがたくさんですぎることなのではと言われています。なので、成長期にニキビが集中してしまうのです。ニキビを防ぐには豊富にあります。数多くあるうちの一つが、毎日同じ睡眠時間をキープする事です。これは、ヘルシーライフに直結します。

ニキビにいいという飲み物は、ほとんど知られていません。でも、強い炭酸飲料や辛い飲み物などは、お肌を刺激してしまうことがあるので、あまり飲まない方が良いです。ニキビと肌荒れは異なりますが、あまりいけない事をすると、ニキビをひどくする原因にも繋がるのです。

肌トラブルとニキビが関係していることも有りです。ニキビはホルモンの均衡の乱れが主な原因なので、主に思春期にで発生しやすいです。とは言っても、思春期をすぎても出現することがあり、その事例では大人ニキビとか吹き出物と名付けられてます。この大人ニキビの起こりの一つが肌荒れですから、肌ケアや生活習慣には注意が必要です。

実際、ニキビがおでこにできてしまうと、どうしてもつい前髪で隠そうと思ってしまいます。しかしながら、それはニキビを余計に悪化させてしまう原因ともなるので、できるだけ前髪で隠す行為はせずに髪がニキビに触れることがないように刺激を与えずにいることが大切なのです。

ニキビをあらかじめ予防したり、できたニキビをなるべく早く改善するには、栄養バランスのしっかりと取れた食事を摂っていくことが重要です。特に野菜を多く摂っていくことは非常に大切です。野菜にはビタミンやミネラルが多く含まれていますから、それらをしっかりと念頭に入れて食べるのが理想の形です。

ニキビなどは誰しもが素早くキレイに治したいものです。早めにニキビを改善させていくためにも、ニキビをいじってしまわない様にする事が大事です。雑菌の付いた手で軽はずみに触れてしまうと、ニキビがより悪化しますし、触りすぎてしまいますとお肌のほうを傷つけてしまいます。

つやつやお肌を保ちつつ、きれいに落とすことが、ニキビケアの絶対条件。中でも大人ニキビの場合は、主要因が乾燥だとされているため、洗顔は皮脂を取り除きすぎないことが重要になります。それをかなえてくれるのが、牛乳石鹸です。ミルクバター配合の牛乳石鹸、それは、肌を乾燥させずに汚れも落とし、効き目のあるニキビケアになります。

ニキビ予防で大事にしないといけないのは、雑菌の温床にならない環境を生み出すことです。ファンデーションのパフに皮脂等が付きっぱなし、枕カバーを長年洗っていない、手で直接肌に触れるといったことは、顔に菌を塗っているのと同じです。いつもに清潔にできるように注意を払いましょう。

中学からニキビに悩まされていました!

母はかなりニキビ肌で、私本人も中学からニキビに悩まされ、大人になった現状でも、よくニキビができるので、お顔のお手入れは念入りにやっています。そして、三歳になる娘もすでに鼻周辺の毛穴に角質がつまり始めています。痛ましいことに間違いなくニキビができやすい肌になりそうです。遺伝とは怖いと思いました。

アクネ菌がニキビの原因なので、フェイスタオルやメイク用スポンジなどの肌に触れる物を他の人と共有で使用していたり、肌が直に触ってそのままにして洗わなかったりすると、ニキビがうつってしまう恐れがあります。また、手で自分のニキビを触った後で、他の場所を触ると、その場所にもニキビができることがあるでしょう。

ニキビが炎症を起こしてしまった場合、顔を洗おうとした時などにちょっと触っただけでも痛みや刺激を感じるようになります。ですから、炎症を起こしている場合は、いくら気になっても絶対に指で触らないでください。触ると痛いからというだけではなく、雑菌が指から入ってしまい、さらに炎症がひどくなる可能性があります。

角栓が毛穴をふさぐことが、ニキビをつくる原因のひとつなのです。気になり、つい角栓を指で押しつぶして押し出すと、その部分にニキビ跡ができる原因となります。角栓をつくらないように、それを悪化させないようにするには、十分に肌の保湿を行うこと、余計な皮脂の詰まりを防ぐことが、重要です。

なぜニキビができるのか?その理由のひとつに、乾燥も含まれます。肌の余分な油脂のせいでできるんじゃなかったの?と不思議に思う人も多いかもしれません。もちろん、余分な油脂によっておこる毛穴の詰まりも原因のひとつなのは間違いありませんが、だからといって過剰に油脂を落としすぎると、今度は肌が乾燥してきて、それが原因でニキビができてしまうのです。

何をしてもにきびが出来てしまうときには、今あるニキビだけを治そうとするのではなく、ニキビの本当の原因は何かを突き止めて、それにあったケアがしていかなければなりません。慢性的なニキビの原因として、ホルモンバランスが正常でなかったり、食習慣が乱れていたり、合わない化粧品が肌に負担をかけているなど、様々なことが原因として挙げられます。慢性的なニキビの理由に正面から向き合い、その原因が取り除かれるようなケアをしていきましょう。

ニキビ跡としてよくある悩みが、クレーターのような肌のくぼみや肌が黒ずんでしまうことです。クレーターの悩みは専門の医療機関である皮膚科で治療しないと取り除くことはできませんが、黒ずみについては美白化粧品を使うことで少しずつ薄くするという対策もあるのです。

最近はニキビケア専用の洗顔フォームや化粧水など、ニキビケアに効果的とされている商品がドラッグストアなどで売っています。でも、商品がたくさんあるため、自分自身のニキビに合う商品を発見するのは難しいです。お試しのサンプル品がもらえたら試供品を使ってみて自分の肌に合っていると思えば「買う」というようにするとベストかもしれません。

ニキビは何度も繰り返しできやすい肌トラブルなのです。一度治ったからといって不摂生や暴飲暴食などを行っていると、すぐに繰り返しできてしまいます。ニキビができないよう予防するには、清潔な肌を保つようにし、不摂生な食事をせず、睡眠をたっぷりと取っていくことが重要なことだと思います。

ニキビは食べ物と密接に関連性があります。食生活を見直すことはニキビが減ることにもつながります。食生活は野菜中心のメニューに変えて、なるべくビタミンやミネラルを取り入れましょう。食物繊維が多く含まれる野菜は、便秘を解消する点からも、ニキビの症状を緩和させます。

便秘解消のためにも、ウォーキングをする

私はとても頑固な便秘に困っていたのですが、今では少しずつ便秘が治ってきています。改善するために行った方法は、ヨーグルトを食べるようにしたことでした。教えてもらった、この方法で長年の便秘が治ったという話を聞いて、私もヨーグルトを買いに行って毎日実行したのです。ヨーグルトを毎日食べているうちに、だんだん治ってきて、今では、便秘で困ることもなくなりました。

どうして私が便秘になったのかというと、運動不足にあるのだと思います。通勤も毎日車なので、あまり歩く事もありません。飼い犬などもいないので、散歩に行くこともありません。そういう生活習慣のせいで、私は便秘なのだろうと思うのです。まず、便秘解消のためにも、ウォーキングをすることにしました。

今、便秘に効く食べ物を毎日食べています。ヨーグルトです。ほんと毎朝摂っています。食しているうちに、便秘が解消してきました。ひどかった便秘が治って便秘薬を飲むことも消えうせました今ではポコッとしたお腹も、へっこんできていて続けてよかったと思います。

通常、便秘に効く食事は、水分、食物繊維、乳酸菌を内部にもつ 、発酵食品といわれています。大変な便秘の方は、うんちが固く腸内に溜まった状態になってしまいがちです。この状態を消えさせて、便を出やすく柔らかくするため、まず、水と食物繊維を摂取しながら乳酸菌などで腸内を整えるのが良い方法でしょう。

昔から便秘のツボで知れ渡っているのは、へそ周りの端から指2本分くらい離れた、天枢(てんすう)です。また、おへその下5cm程度のところにある腹結(ふっけつ)というツボも効果があります。手首にも支溝(しこう)と外関(がいかん)というツボが存在します。色々なタイプの便秘によっても、効果的なツボが異なるので、ピッタリのツボを押すと改善につながるでしょう。

便秘になってしまったとしても、薬があれば簡単に、解消できると思いますが、薬に頼ってばかりなのはダメなので、、やはりまず最初に食事を見直してみてください。食物繊維を多く含んでいる食事を摂るのが効果的で、不溶性と水溶性といった2つの食物繊維をバランスよく摂ることが大切です。野菜、きのこ、海草などもすすんで摂ってください。

ヨーグルトは便秘を解消するのに効果があるといわれますが、私の経験によると、かなりたくさん食べないと、効果があまり感じられません。1日に1パック位食べて、やっとお通じがあります。ヨーグルトが大好きな人はいいですが、嫌な人もジャムなどを入れて、なるべく摂取するとよいでしょう。

運動不足は筋肉の衰退していくだけでなく、体の不調も起こってきます。中でも女性に多い症状としては便が腸にたまってしまうことです。運動不足の解消のため、通勤時に走ってみたり、、ランチの際に食物繊維が多い食べ物を選んだりするのが一番です。できれば、便秘を防ぐためにも、週に1、2度はウォーキングしたり、好きな運動をして体を動かした方が良いです。

便が溜まった事って産まれてから死ぬまでに必ず一度は誰もが体験することの一つだと思います。私もその一人で、大変な時は一週間便通が改善しないこともあります。便秘に効く薬もありますが、服薬に抵抗を感じてしまうので、便秘改善に穏やかな効果を期待できるオリゴ糖を愛用しています。お通じの悩みを優しく改善してくれるのが安心ですね。

何日も大きい方が出なくなると、体の中にあってはいけないものが体外に出ないため、口臭の原因となります。どれだけ食事のたびに歯磨きをして、歯間ブラシ、マウスウォッシュで口の中をきれいにしても、口臭は腸から胃を通過していらないものを取り除こうとし、口臭の原因になるのです。この場合、便秘が治ると、口臭も何もせずとも無くなると言われています。

インフルエンザは高い熱が続く

娘のインフルエンザの予防注射に伺いました。注射の瞬間は怖くて凝視できないのに、娘はまだ6歳だが、注射を見つめて注射針を注入されています。予防注射の後は怖かったーと表現していました。必要以上に怖いんじゃないかな?と推測しましたが、何も伝えれませんでした。

この前、インフルエンザになってクリニックに受診しに行ってきました。どれくらい潜伏期間があるのか明確ではないのですが、どこかインフルエンザの人と同じ場所にいて感染したのだろうなと考えられます。高熱が3日間も続いて大変な思いをしました。高熱が出続けるインフルエンザは、普段ひく風邪より苦しい思いをしますね。

主に1~5歳くらいの子供が、インフルエンザといったものに感染をし、熱が出た後、急に意識障害や痙攣、異常行動などの症状が出るのがインフルエンザ脳症というものです。インフルエンザ脳症とは、命にも関わる大変な疾患であり、治った後に後遺症が残るケースもありうるのです。

いつ頃の話でしたか、夜中に高熱におそわれて、約40℃に上がって体調が悪化したので、次の日に病院に行きました。インフルエンザの検査が実施できますよと確認なさいました。私も、残念ながら、インフルエンザだったら、適したお薬を接種できるので、確認したいと念じました。

そもそも、インフルエンザは風邪と異質なもの耳にします。症状は1日から5日あたりの潜伏期間後、急な高熱となり、3日から7日ほどその状態が続きます。型によって、筋肉痛、腹痛や下痢など症状に小さな相違が見られます。しかし、肺炎をおこしたり、更に脳炎や心不全を起こすケースもあることにより、甘くは見ることはできない感染症です。

赤ちゃんがインフルエンザに侵されたら、殊の外大変なことに至ります。まだ体力が備わっていない赤ちゃんですから、インフルエンザがおこす高い熱に体が耐えうるのかが心配ですし、インフルエンザで命が危ないことも可能性が有るでしょう。ですから、インフルエンザが広がっている時には、連れて出ない方が打倒かもしれません。

インフルエンザに感染したことがわかると学校などへの出席が5日間禁止になります。インフルエンザに感染した際でも、発熱の症状は2、3日で治まりますので、登校する意欲がわいてしまうかもしれません。熱が下がったあとでも体内にウィルスはまだ残っており、他人にうつしてしまう危険性があります。ですから、出席停止の期間は家にいることが集団感染予防には大事なことです。

あなたがインフルエンザと診断されてしまったら、最初に栄養をしっかりと、摂るために食事をしなくてはいけません。薬や病院ももちろん大切ですが、栄養を体内に補給することも大事です。早急にインフルエンザを治すためにも、水分と栄養はきちんと摂取しましょう。例え丸一日、食欲がなかったとしても、胃に優しくて栄養満点なものをできる限り食べてください。

最近は毎年恒例のように冬になればインフルエンザが大流行しています。年々予防注射をする人数も上昇しているようですが、都市部では莫大な人数がかかる結果となっています。感染経路は様々考えられますが、電車やタクシー、街での人込み、職場など、多数と接触する場所で感染している可能性が考えられます。

最近、インフルエンザに罹らないようにするためにいいといわれているものに乳酸菌があります。1年程度前に、番組で小学生に乳酸菌が多く含まれているヨーグルトを食べさせたところ、インフルエンザになる児童の数が大きく減ったというコンテンツを見ました。私の子供が受験生でしたので、それ以降、ずっとヨーグルトを食べさせています。腸まで乳酸菌が届くタイプのヨーグルトが特に効くそうです。